逛創革時候聽到人家翻唱的版本。
-


【文学少年の憂鬱】

作詞/作曲/編曲:ほえほえP

いっその事 どこか遠くへ (不如就乾脆 到哪個遠遠的地方 )
一人で 行ってしまおうかな (一個人 獨自旅行過去也好吧 )
学校も 友達も バイトも (無論學校 朋友 打工 )
何もかも 全て 投げ出して (不論是什麼 全都 拋到腦後吧)


京王線 始発駅 人の群れ (京王線 起點站 人們群聚 )
財布を落とした 女の子が泣いてる (掉了錢包的 女孩正哭著 )
すぐに電車が滑り込んできて (很快地電車便滑進車站又啟動 )
席にあぶれた人は舌打ち (座位旁沒事幹的傢伙大聲砸嘴 )
急に全てがどうでも良くなる (忽然一切都變得無所謂了起來 )
僕は冷たい人間(ひと)の仲間入り (我變身成冷漠人類的同伴)


誰か 名前を呼んで 僕の (誰來 呼喚我的名字 我的名字)
突然悲しくなるのは何故 (為什麼會突然感到悲傷)
世界を飛び出して 宇宙の彼方 (從世界飛逃而出 往宇宙的彼端 )
ぐるぐる回る想像で遊ぶのさ (纏在一團亂回轉的想像中遊戲吧)
涙が出る前に (在眼淚落下來之前)


ボクの好きな小説家 キミも読みなよ (我喜歡的小說家 你也有在讀呀)
随分前に 自殺した人だけど (雖然是很久以前 就自殺死掉的人了)
「恥の多い生涯だった」って (「諸多恥辱的生涯罷了」 )
「嘘ばかりついて過ごしてた」って (「一路淨是扯謊的生活過來」)
暗い奴だなと笑ったけれど (真是灰暗的傢伙哪 雖然這麼嗤笑 )
どうしても頭から離れない (卻怎樣都無法把這幾句話趕出腦袋)


誰か 声を聞かせて すぐに (誰能 傾聽那語聲 快來)
一人きりで電車に揺られて (獨自一人在電車裡搖晃著 )
線路を飛び出して 月の裏側 (自軌道飛躍而出 月之反側 )
天まで昇れ そしてキミがいた (拔昇直至天際 於是你還存在的)
あの日へ逆戻り (那一天就會復返回來)


「拝啓 ボクハ アナタノヨウニ (「敬啟 我會 像你那般模樣 )
イツカドコカデ 死ンデシマウノデショウカ」 (總有天會在哪裡 命盡而死去的對吧」)


恥の多い生涯だったって (即使是諸多恥辱的生涯 )
嘘ばかりついて過ごしてたって (即使一路淨是扯謊的生活過來 )
でも アナタのようにはなれないよ (但是 要變得像你一樣是沒辦法的喔)
ボクは文学好きな ただの人 (我不過是喜歡文學 的人而已)


誰か 名前を呼んで 僕の (誰來 呼喚我的名字 我的名字)
突然悲しくなるのは何故 (為什麼會突然感到悲傷 )
世界を飛び出して 空の上まで (從世界飛脫而出 飛往天空之上 )
お願い 何もかもを振り切って (拜託 就讓我甩開這所有一切吧 )
走り抜けて 行け (穿越這一切吧 前行)

Posted by 鶇燁 at 痞客邦 PIXNET 留言(0) 引用(0) 人氣()